日本は技術力では世界に劣らない

TOEICやTOEFLのスコア

TOEICやTOEFLは、就職活動をしていてもしていなくても、有名なご学力テストになります。
こういうテストで最低600点以上のスコアを持っていれば、就職活動においてかなり有利になります。それほど影響力のあるテストなのです。
英文科や理系大学を出ている方はこういったテストは必須要項にもなっているかもしれませんね。一流企業を目指すのなら受けていて損はないどころか本当に必須能力になるのでぜひ受けてください。個人の英語力を客観的にみるのにこれほど分かりやすいものはないからです。
英語検定も2級以上持っていれば履歴書に書けますが、これはあくまで日本国内の検定なので、TOEICやTOEFLに比べるといまいち説得力に欠けるものがあります。

専門用語も含めた英会話が堪能であること

日常英会話には支障がなくても、医学用語やその他専門用語が出てくるとさっぱり分からない、という方は案外多いと思います。
私からすれば日常英会話が出来るだけでも素晴らしいと思いますが、こういった専門性の高い仕事においてはそうもいっていられないのではないでしょうか。
とはいえ、こういった精密機器に関する用語は割と横文字が多いので、もしかしたらそれほど苦もないかもしれません。特に一流企業に入ろうという志の高い方はどの分野においても一通りの勉強はされているでしょうし、大抵のことは頭に入っているのではないかと思います。
しかしこの新亜光学工業株式会社を目指すのであれば、現状に満足はせず出来るだけの努力は欠かさないほうが良いでしょう。光学機器の勉強をしていてこの会社に興味がないという方はそうはいないのではないかと思います。自分の能力以上のものを入社試験で発揮できるように最良の対策をしておきましょう。